子連れOK!ボディセラピー・リフレサロン『こむ・ちゃっと』


  • アロマ

咳で起きちゃう!子供の咳とアロマ対策

心と体をゆるめて
エネルギーチャージ!

筋肉とおしゃべりする
ボディセラピスト
みらいこです。

子供が咳で寝付けない
そんな経験はありませんか?
眠いのに、自分の咳で起きて
ぐずってしまう…。

我が家の息子も2日前くらいから
「軽い咳」と「水っぽい鼻水」
が出始めました。

そして、昨日に至っては、元気に外で遊んで
家に帰って、うたた寝を始めたと思ったら
自分の咳で起きてしまったくらい。

こりゃ、やばい!と思い
アロマで、お手当て開始です。

1 咳の正体

2 寝入りばなに咳をするのはなぜ?

3 咳にオススメのアロマ

4 アロマ以外の咳対策

1 咳の正体

ゴホゴホ咳をしていると
喉が苦しそうに見えますが
実は原因は喉にはないそうです。

異物を排除したり、異物の侵入から
身体を守るために「気管支」が収縮して
起こるそうです。

また咳には「乾いた咳」と「湿った咳」
の2種類があります。

「乾いた咳」は「中枢神経」が刺激されて
出ているものなので、薬で止めても良いそうですが
「湿った咳」は気管支などに侵入した「異物」たちを
外に出そうとしている働きなので、
止めずに出しやすくした方が良いそうです。

2 寝入りばなに咳をするのはなぜ

これは自律神経の一つ
「副交感神経」が関係しています。

「副交感神経」は
リラックスする時、眠くなる時
優位に働く神経です。


身体の修復作業をするべく、
体温が上がり、気管支などの分泌物が、
粘り気を帯びやすくなります。

なので、どうしても咳が出やすくなる、
というわけです。

3 咳にオススメのアロマ

・ラベンダー

・ティトゥリー

・ユーカリ

・ローマンカモミール

など
殺菌効果&免疫力強化
呼吸器系のトラブルに欠かせない
これらのアロマオイルがオススメです。

全部使う必要はありませんが、
ブレンドすると相乗効果が期待できるので
「2種類」は組み合わせるのが、オススメです。

ただし、子供に使う時には注意!

アロマオイルは肝臓で分解されます。
なので、肝臓が未発達の子供には
濃い濃度での使用は控えた方が良い、
とされています。

なので
・0歳児は香りのみ
・1歳から7歳までは、芳香浴か
大人の半分の濃度のオイルトリートメント
というのが一般的です。

肌につけるアロマオイルブレンドの
濃度の目安は大人が2〜3%なので

子供の場合は1〜1.5%
15ccのキャリアオイルに
1〜3滴くらいが目安です。

オイルトリートメントの場所は
喉や胸にかけて塗るなどがオススメです。

ただ、昨日の息子にとっては
これだけでは弱かったのか
寝入りばなになって咳がでて
苦しそうになってしまいました。

そこで、ユーカリとラベンダーをタオルに
つけて枕元に置いたところ、咳は止まり
眠ってくれました(^ ^)よかった、よかった。

そして、今日、保育園に
「オイル付きのタオル」を
ジップロックに入れて、もたせました。

ジップロック越しの香りが心地良いのか、
保育園に着くまで、タオルを手放さない息子w
今日のお昼寝、うまくいくといいな。

4アロマ以外の咳対策

・水分を取る

冷たい水分を大量に取ると
逆効果ですが、寝ている時でも
スポイトで少しずつ口に含ませるのは
有効だそうです。

もちろん部屋の加湿も有効ですね。

・体を起こす

寝ていて咳が苦しそうなら、
状態を起こすだけでも
少し緩和するとか。

・玉ねぎを置く

切った生玉ねぎを置くだけで
咳が止まった、という記事がw
玉ねぎの中の「硫化アリル」が良いそうです。

確かに、昨日息子に嗅がせていたら
まんざら悪くない反応でしたw

「咳」と言っても色々原因があるようです。
心配だったり、長引くようならお医者様に
見てもらってくださいね!

うちの息子も含め、咳が辛いお子様たち
早く良くなりますように!

※※※※※※※※※※※
ただいま
モニター第2弾企画中!

「こむ・ちゃっとスペシャル」※2
90分コースの3回連続モニター
の募集計画中!

ご興味のある方は
優先案内いたしますので

「優先案内希望」と
お問い合わせフォームの
コメント欄にお書きいただき
お送りください。

※モニターの方は写真やアンケートの
 ご協力を願いしています。
(顔出し不可、匿名対応承ります)

※2「こむ・ちゃっとスペシャル」コースとは?

からだ美調律※1メソッドを
入れたボディケアと

お疲れに合わせたアロアオイルを使った
リフレクソロジーとヘッドセラピーで

体を骨盤からゆるめて、整え、体をほぐし
体の末端を刺激して、体の中もゆるめて、
頭の緊張もゆるめる。

そんなスペシャルなコースです(^ ^)

※※※※※※※※※※※

リラクゼーションルーム『こむ・ちゃっと』
の予約・お問い合わせはこちら

ボディセラピーの手技の説明はこちら




Pagetop