子連れOK!開運ボディセラピー・ママのパワーチャージサロン『こむ・ちゃっと』


  • 営業日のご案内

6月の予約状況

心と体をゆるめて
エネルギーチャージ!

筋肉とおしゃべりする
開運ボディセラピスト
みらいこです。

算命学では今日からが6月で
丙午(ひのえのうま)の月です。

「丙午」のイメージは「真夏の太陽」

ジメジメ雨の降る「梅雨」のシーズンに
強い「火性」が巡る月と思うと
なんだか不思議な気がします(^ ^)

でも、考えてみれば
太陽が一番地球に近づくのは6月。
あながち、おかしくもないかな?

それでは6月の予約状況のご案内です
(6月5日現在)
※※※※※※※※※※※※※※

6月9日(金)10時半〜 14時〜
6月12日(月)10時半〜 14時〜
6月14日(水)10時半〜 14時〜
6月19日(月)10時半〜 14時〜
6月23日(金)10時半〜 14時〜
6月26日(月)      14時〜
6月30日(金)10時半〜 14時〜

そのほかの日にち、時間帯ご希望の方は
ご相談くださいませ(^ ^)

※※※※※※※※※※※※※※

さて、丙午(ひのえのうま)の年、というと
「八百屋お七」の話を思い出す方も
いるかもしれません。

江戸時代には、丙午の年は
「火事多い」という言い伝えが
もともとあったこと。

そして、恋しい男に会うために
火事を起こしたお七の生まれた年が
「1666年の丙午」の年(らしい)
ということ。

この2つのことから
「丙午の年の女は気性が荒い」=縁起が悪い
という俗説が流れ、日本の出生率にも
影響を長いこと与えてきた、俗説です。

確かに「丙午」と言う干支は
ものすごく「火性」が強い干支なので
火事が最も困る、江戸の町としては
「イメージが悪い」年だったのかもしれません。

さて、ジメジメ雨の降る「梅雨」のシーズンに
強い「火性」が巡る月。

何れにしても、良い月になるよう
お手伝い致しますね(^ ^)

※※※※※※※※※※※

只今、第一弾のモニターを募集中!
限定5名様→3名様になりました。

・「からだ美調律」メソッドが加わった
 「開運ボディケア」
・自分の体質に合わせたアロマオイルを使った
 「手と足のリフレクソロジ」ー&
 首のトリートメント付「ヘッドセラピー」

この全部のコースが味わえる
「こむ・ちゃっとスペシャルコース」
90分15000円(予定)のコース

リピータの方には、
なんと90分8500円!でご提供します(^ ^)

(初めてご利用の方は
 算命学の鑑定をさせて頂くため
 90分11500円になります)

この価格でさせて頂くのは
限定5名様→3名様になります

ご興味のある方は、
お問い合わせくださいませ(^ ^)

※モニターの方は写真やアンケートの
 ご協力を願いしています。
(顔出し不可、匿名対応承ります)

リラクゼーションルーム『こむ・ちゃっと』
の予約・お問い合わせはこちら

開運ボディセラピーの手技の説明はこちら

その他、算命学を使った
「自分らしさ」を客観的に知り
「自分の得意を生かす」事を知る

『自分取扱説明鑑定』コース

もご用意しています(^ ^)




Pagetop