ゆるめて、もっと自分らしくなるサロン『こむ・ちゃっと』


  • からだ美調律

肩を下げようと頑張ると、肩が上がる?

心と体をゆるめて、しなやかで、元気な人を増やすサロン

『こむ・ちゃっと』のみらいこです。

先日、フラの練習の後、
鎖骨の下や肩の筋肉が
張るような、重だるい感覚になりました。

今までのブログ
「美しい腕の動きには、根本をゆるめることが大切?」

「背中のぜい肉には理由があった!」

でも書いてきましたが、
以前と比べて、根本を整えることで、
体が動きやすくなってきたのに、
なんで今回は、肩や鎖骨下に、
力が入った感じで、肩が上がっている、
そんな風になっているのだろう?

何か、間違えた動きをしているのかも、と
本やネットを見て、筋肉の場所や動きを確認し、
そして、体を改めて動かして、考えて
「もしや!」
と、思い当たることがありました。

それは、踊っている時

「肩を上げないように頑張っていた」

のです。

鎖骨の下の筋肉の疲れは
「鎖骨下挙筋」の疲れ。

改めて筋肉を意識して使うと、踊る時
肩を上げず、腕を水平に維持しようと、
鎖骨の下の筋肉「鎖骨下筋」の部分を
ものすごく使っていました。
(この筋肉は、鎖骨を
 肋骨近づけるような動きができます)

また、この筋肉は、
肩甲骨とも関わりが強い筋肉。

動きがよくなった肩甲骨との関連で、
疲れた可能性もありますが
体の動かし方、要経過観察だなぁ…。

そして、肩の張り。

私としては、姿勢良く
首をまっすぐに上に伸ばして
練習していたのですが、
張っている肩の筋肉、
僧帽筋や肩挙筋の働きを確認すると
働きの一つに「首の伸展」、
つまり、首が伸びる時に
使われている筋肉でした。

しかも、
改めて筋肉を意識して使うと
「首を少し前に出した時」
の筋肉の使い方と同じでした。

元々、首を前に出して、
体のバランスをとる癖があった私。

かなり前に比べるとよくなってきた、
と思うのですが、まだ前に出ているのかもなぁ…。

からだをゆるめると、からだは使いやすくなる。
でもゆるめたから「使えるように」なるわけではない。

ちょっとずつ、自分の体の癖を知って、
修正していくのがとても大切なんですね。

そして、使った筋肉は
ゆるめることも大切。

この肩周りの筋肉は、
肩こりの人や猫背の人も
凝りやすい場所です。

今回発売された
「からだ美調律メソッド」の本で言えば

1お尻歩き
2肩甲骨グルグル
が、おすすめ。

そして、鎖骨下筋には
鎖骨の下を抑えて

首を前後に動かしたり
回したりするのもおすすめですよ。

デスクワークや通勤の合間に
ぜひお試しくださいね!

※ただ今、週に2、3回実家の父のお見舞いに病院へいく関係で、
予約できる日が少なくなっています。
予約不可な日でも前日までにお問い合わせいただければ、
可能になる時間もありますので、ご連絡ください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
【「からだ美調律®︎」の本が出ました!】

3/20にからだ美調律®︎の代表 Hakoさんが
日本実業出版社さんから

1回30秒「理想の体」が手に入る
「からだ美調律」メソッド」

が出版されました!

また、我がサロンでも、ただいまキャンペーン中です。
詳しくは「からだ美調律の本が出た!」をご覧ください

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【子連れセラピストサービスtime】のご案内

【子連れセラピストサービスtime】とは
当サロンの看板息子が施術中、
サロン内にお邪魔するかもしれない、
という施術時間帯になります。

この「子連れセラピストサービスtime」
になることが多い日時は
当日予約の平日15時以降と土日です。

ただ、その日によって
このサービスtimeは異なります。
ご希望の方は、あらかじめ
お問い合わせくださいませ。

なんの芸も無い
ただ今4歳の息子ですが
何故か「癒される」という
お声を頂く
子連れセラピストtime。

この時間ご予約いただくお客様には、
更に特典として、
10分施術をプラスしています(^^)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

インターネットからのご予約も可能になりました。

インターネットからのご予約はこちら
HPのお問い合わせフォームはこちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

こむちゃっと情報や予約に
「こむちゃっとline」登録
 オススメしています!

興味のある方は、是非友達申請をどうぞ!




Pagetop