リフレ・ボディセラピーの【こむ・ちゃっと】小金井・三鷹・小平・西東京・武蔵野市から通えるおうちサロン


  • みらいこのカラダ考察編

「手の冷えと〇〇の関係」みらいこのカラダ考察編①

心と体をゆるめて、
もっと自分らしく
「変わる」応援サロン

『こむ・ちゃっと』のみらいこです。

施術をする時に、
手の冷えに困らない私ですが

「あれ?手が冷えてて、温まらない??」

と、いう時がごく稀に起こります。

自分なりに、この手の冷えが
起こるときを分析すると
2つのパターンがあることがわかりました。

1つ目が

・生理前

生理前は
・子宮に血液が集まる
・体に水分をため込みやすくなる

また、生理中は
・体温を上昇させる働きのある
 「プロゲステロン」というホルモンが減る

・血管を収縮させやすくする
 「プロスタグランジン」というホルモンが多くなる

ので、比較的冷えの経験を感じている方が
多いのではないか、と思います。

特に女性はこの時期
・冷やさない
・巡りを良くする
はとても大事ですね。

ちなみに、生理前や生理中に
オススメする施術は

「足のリフレクソロジー」

量が多い方は、ちょっと注意が必要ですが
足のリフレクソロジーは
「子宮」系にしっかり刺激できるので
受けた方からは

「いつものあの不快感がなかった!」

という声を良くいただきます( ^ω^ )

そして2つ目が

・おしっこを我慢している時

なんです!

たまたま手が冷えている時に
トイレを済ませたら
手が暖かくなる、というのを経験して

「意味わかんないけど、もしかして??」

と思い、手の冷えが抜けない時
なるべく行くようにしたら
暖かくなる、というのを発見w

これは推測なのですが、
「交感神経」が優位に働くと
膀胱が伸びて、尿を貯めやすくなるそうです。

そして、「交感神経」は
「血管を引き締める」働きも促します。

前サロン時代、トイレを我慢しすぎて
「我慢していることに気がつかない」
状態でもありました。

「ちょっと、そろそろ出した方が
 いいんじゃない?」

という膀胱の気持ちを
「手の冷え」が教えてくれていた。

そして、尿を出すことで
「副交感神経」が優位になり
血管が広がって
熱が手の先まで届くようになった

ので、手があたたまったのかな?

と、思っています。

「体の声を聞く大切さ」

いつも、お客様にお伝えしていますが
あの当時、膀胱炎などにならず、
元気で頑張れたのも
ギリギリのところで体の声を
聞けていたからなのかな?

と思います( ^ω^ )

そう言えば、尿関係で体験した
「体の声」の話を思い出しましたw

これは別のブログに書きますね。

ちゃんと体の声を聞くのは大切!
と、実感した出来事があったんです。

「反射区が教えてくれる体のこと」です。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 12月に
「冷え対策セルフケア」講座行います!

先行予約はこむちゃっとlineから承りますので
気になる方はline登録お願いします( ^ω^ )

友だち追加
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
【子連れセラピストサービスtime】のご案内

【子連れセラピストサービスtime】とは
当サロンの看板息子が施術中、
サロン内にお邪魔するかもしれない、
という施術時間帯になります。

この「子連れセラピストサービスtime」
になることが多い日時は
当日予約の平日15時以降と土日です。

ただ、その日によって
このサービスtimeは異なります。
ご希望の方は、あらかじめ
お問い合わせくださいませ。

なんの芸も無い
ただ今4歳の息子ですが
何故か「癒される」という
お声を頂く
子連れセラピストtime。

この時間ご予約いただくお客様には、
更に特典として、
10分施術をプラスしています(^^)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

hot pepper beauty経由の
インターネットからも
ご予約可能になりました。

インターネットからのご予約はこちら

lineやHPからもご予約承っています

HPのお問い合わせフォームはこちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

こむちゃっと情報や予約に
「こむちゃっとline」登録
 オススメしています!

興味のある方は、是非友達申請をどうぞ!

友だち追加




Pagetop