ゆるめて、もっと自分らしくなるサロン『こむ・ちゃっと』


  • コラム

魂を解放する時間

心と体をゆるめて
もっと自分らしく「変わる」応援団
『こむ・ちゃっと』のみらいこです。

先日6csラボの面白企画

「アートワークショップ☆
なりたい生き物になろう!」

に参加してきました!

今回は

「自分で作りたいと思う、
 面白い生き物になってはっちゃけよう!」

という企画。

正直なところ、ワクワクする気持ちと共に
「本当にはっちゃけられるのかな…」
という気持ちで参加しました。

そして、結果的には

「自分が楽しい、面白いと感じて
 作ったものなら、はっちゃけられる!」

でしたw(↓これですw)

コンセプトは
「派手派手化け猫w」
普段の自分の要素にないものを
表現してみましたw

しかし、最初の私の不安
「はっちゃけられるのか」は
開始早々の講師のなお先生の言葉

「自由に、楽しく、面白く、
 恥ずかしいのオッケー!」

で、徐々になくなっていきました。

「自由に」、と言う事で、材料は
いろんな厚さや形、色のウレタンシート

キラキラの大小様々なモールや色紙

そのほか目玉やボール、布、セロファンetc…
が用意されていました。

それらを好きなように、
どう切ってもどう組み合わせても
構わない、という環境。

作り方の説明も簡単に、
ボンドで付けるやり方を教わるのみ。
特に「こうしなきゃダメ」
と言う制約がない状態。

紙に一応アウトラインを書いてから
色々な材料を触れて形にしていくうちに
「楽しい」という気持ちがプラスされる。

そして、

「正解とか完璧とかでなく、
 面白いを大切に!」

「今までで経験した恥ずかしいより、
 さらに恥ずかしく!」

と、いうキーワードで、
手を動かす、組み合わせて行く。

すると、普段、
自分の中の常識や固定概念で
考えもしなかった発想が
不思議と生まれてきます。

そして、そう作ったものをかぶると
なぜかテンションが上がるのですw

息子も、なんども頭にかぶって
楽しんでましたw

でも、ちゃんとした作り方を
教わらないといけないのでは?
どうせ作るなら、
良いものを作るべきでしょう?

と思う方もいるかもしれません。

でも今回体験して感じたのが

「正解」ってなんだろう?

でした。
日常生活、少なくとも私は
「効率的な、正しい方法」
を求めすぎているのかもしれない。

「正しい」ということは、
本当に正しいことなのか?

「正しい方法」に
逃げてはいないだろうか?

「効率よく」物事を進めると言う事は
とても大切なことですが、

「自分の感覚を大切にして、作り上げる」

これも、とても大切な事で、
日常の中でなかなかできない事
ではないか、と感じました。

また、いろんな材料を適当に使うなんて、
無駄遣いじゃない?勿体無い気がする!
そう思う方もいるかもしれません。

その気持ちは、よくわかります。
私自身、家で
「ものは効率よく、無駄遣いしない」
をいつも意識しています。

限りある材料をきちんと使いこなす。

これは、もちろん大切なことですが、
今回、体験して感じたのは

「あたらしいものを創造する」
「柔軟な思考を生み出す」

このためには、無駄と思える
たくさんの選択肢と試行錯誤が
必要、と強く感じました。

そして、いつも、この6csイベントに
参加して、思う事ではあるのですが、
今回も、子供たちの想像力や、柔軟な思考、
創造性に脱帽の時間でした。

「楽しんで、自分の感覚に従って作る」

子供たちの作品は、色々な材料を
見事に使いこなし、作品を作り上げていました。

例えばこの設計図。

ライオンになる!という
お子さんの設計図ですが、
顔の周りをカチューシャで囲む
という斬新なアイデア!

で、こちらが完成図。

可愛いw

アフロなタコというコンセプトのお子さんと
人魚のお母さん

もう、アフロなタコ、という発想がすごい!

そして、蛇になりたい!と作り上げた子

蛇との一体化、と言う事で、
かなり完成度の高い蛇を
体にリボンで結びつけて…

どうやったら蛇みたいに見えるか
考えてポーズ!!
もう脱帽するしかないw

かたや自分は、というと、
先生が最初に「かぶり物を作った」例をみて

「頭にかぶるものを作って
 動物になる感じなのね。

 じゃあ、頭につけるカチューシャに
 耳とかつけたらかぶれるかなぁ…」

からスタートしたので、自分でも思った以上に
つまらない出来になりました。

しかし、周りの子供たちの作品に刺激を受け、

「これはいかん!」

と、ハッチャケモードに。

で、この仕上がりに。
派手な化け猫とキリンの親子ですw

「これ、面白いかも」と
「これならできるかも」では
創造性が全く違うのを、痛感しました。

「これは面白いかな?楽しいかも!」

と、言う感覚で作る、この時間を体験して
いかに普段の自分が常識や正解というもので
頭がカチコチの状態なんだなぁ…です。

私たち、特に大人は思った以上に、
色々なものに縛られて、自分の好きな気持ち、
心地よいと思う気持ち、楽しと思う気持ちに対して
蓋をしているのかもしれません。

私は普段から
「自分の体の状態や心の本音を感じる」
この大切さを、施術や、算命学の観点から、
お客様にお伝えしています。

なぜかというと、
体を元気にしたり、整えたりする
根本の活力はそこにあるからです。

楽しいと心から思える時間

心地よいと心から思える時間

これは無駄な時間ではなく、
元気に生きていくには必須の大切な時間
と、改めて実感です。

今回も素晴らしい時間を過ごせて感謝です( ^ω^ )

ご一緒した皆様、講師のなお先生、
ありがとうございました!

大人も子供も、魂解放しました〜w

6csラボにご興味がある方はこちら

今回の講師 造形作家の澤奈緒さんの活動の一つ
KESHINプロジェクト

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

こむちゃっとDAY企画
「もう疲れない♡簡単時短!
 お出かけ前の30秒のセルフメンテ術」

満員電車でも、軽やかに
通勤できるカラダを手に入れる!

プロが教える世界一簡単な
「根本を整える」セルフケアが
自分で出来るようになりますよ。

2月22日(金)10時から11時半


ご予約はこちらからどうぞ!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【子連れセラピストサービスtime】のご案内

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ef74886c9a52c1028eb0b1534e151727-300x300.jpg です

◎年末年始の子連れセラピストtimeのお知らせ

1/8は、子連れセラピストサービスtimeになります。

【子連れセラピストサービスtime】とは
当サロンの看板息子が施術中、
サロン内にお邪魔するかもしれない、
という施術時間帯になります。

この「子連れセラピストサービスtime」
になることが多い日時は
当日予約の平日15時以降と土日です。

ただ、その日によって
このサービスtimeは異なります。
ご希望の方は、あらかじめ
お問い合わせくださいませ。

なんの芸も無い
ただ今4歳の息子ですが
何故か「癒される」という
お声を頂く
子連れセラピストtime。

この時間ご予約いただくお客様には、
更に特典として、
10分施術をプラスしています(^^)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

インターネットからのご予約も可能になりました。

インターネットからのご予約はこちら
HPのお問い合わせフォームはこちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

こむちゃっと情報や予約に
「こむちゃっとline」登録
 オススメしています!

興味のある方は、是非友達申請をどうぞ!

友だち追加





Pagetop