子連れOK!ボディセラピー・リフレサロン『こむ・ちゃっと』


  • お疲れの原因

靴難民に希望の光?!足に合わせたパンプスとは??

筋肉とおしゃべりする
ボディセラピスト
みらいこです

からだマニア、もとい
からだ美調律師、溝口先生お勧めの
日本人の女性の足の骨格を
考えて作っているパンプスのお店

「shoe shop Ladys’ Kid」

にお邪魔してきました^ ^

288パンプス

この白い箱には、
すべてパンプスが入っています

288パンプス

その数

「288種類」!!

内訳は
足の長さの16種類(19.5から27cm)
足の幅の9種類(AからF)
そして、それぞれに2種類の足の形
を用意してあって「288種類」と、いうわけです。

もちろんこの膨大な量から選ぶには、
288フィットコンシェルジュさんたちに
計測してもらい、選んでいただきます。

計測

計測台に乗って

足の大きさ

足の大きさや体重バランス

足の周囲

足の周囲も測って

足の状態

これが私の足裏の状態。

オーナーの小堤さんの解説によると
今までの、よろしくない足の使い方が、
しっかり現れておりましたw

小堤さんは、靴の専門家で
ドイツのシューフィッターの先生から
靴や足の骨格について学び

「からだ美調律メソッド」の根幹の一つ

「骨格から無理なく、
 動きやすい身体の使い方」も学ばれて

靴作りに生かしている方です。

シューフィッター

この方がオーナーの小堤さん。
柔らかい雰囲気で、安心して靴の悩みを
お話しできる方なんですが、
少林寺拳法の先生と伺ってびっくり!

いつも「からだ美調律」講座では
目からウロコが、何枚も落ちる私でしたが
今回のLadys’ Kid訪問も
私の今までの悩みや謎が

「そうだったんだ!」

と、目からウロコが何枚も
落ちる体験となりました。

足の形や状態は人それぞれなので
悩んでいる方は是非、一度チェック
してもらうと良いと思いますが
私が感心した点を、いくつか挙げておきます。

①計測値のワイズと、
 歩く時のワイズは違うことがある。
②扁平足が原因でヒールは履けない、
 訳ではない?
③歩くときの踏み込む位置はどこ?
④補正はしすぎない!

①計測値のワイズと、
歩く時のワイズは違うことがある。

靴のワイズ

これは何かというと、
「E」とか「EEE」と言われる
サイズのことなんですが
機械で測る長さと、
実際歩くときの幅が
違う人がいるそうです。
…実は私がそうですw

計測上はEEE。
でもEEEを実際はくとパカパカw

これは、私は扁平足ぎみで
柔らかい足だからだそうです。

機械乗るとぺったり広がるけど、
柔らかいので、実際歩くときの
最適幅が違うとのこと。

なんども靴を試着して、私の場合は
歩くときの最適幅は「E」ということが
判明しましたw

②扁平足が原因でヒールは履けない、
 訳ではない?

ヒールを履くとき、私の悩みは
「足が前に突っ込む」こと。

足がひらたいから、仕方がない、
と思っていました。


(リアル私の足w
 お見苦しくて申し訳ないです)

小堤さん曰く
・生まれつき、扁平足の骨格の人はいる
 →多分、私はそうですw

・もともと扁平足であっても、足にあった
 靴を履き、足にあった足の使い方をすれば
 ちゃんと足は使える。
 ただし、子供の頃から、きちんと使い方を
 覚えないと「間違った足の使い方」になってしまう
 →…もっと早くに教えてよw!

・かかとにしっかり体重を乗せた状態で
 中敷などの補正をすれば、前に行くのは
 少しは抑えられる

また、私のかかとの骨の形状を見て
「まっすぐ」と指摘。

そうするとこの少しカーブのかかった
かかとに足が押されて、
前に行きやすくなるとか。

歩いていて、どうしても気になるなら
このかかとの形を、変える必要がある
と、いうことでした。

③歩くときの踏み込む位置はどこ?

はじめ、23.5のEEかEで検討していましたが
オーナーの小堤さんが、靴の構造上の曲がる場所と
実際の私の足裏の動きを見て

「24の方が、靴の構造上と
 私の足の動きがあっている」

いくつか細かい中敷の補正をしていただいて
履くと「なるほど!」と、納得でした。

④補正はしすぎない!

「足にあった靴を履き、理想に近い
 歩き方ができるようになると
 足裏のバランスが変わる」

からだそうです。
なので今回②で指摘を受けた
「かかと」の靴の調整も、
 今回は見送りました。

また、前に足が突っ込むのは
「扁平足」も理由の1つですが

「今まで、指が曲がった状態で
 歩く癖がついていたため、
 足裏の筋肉が使えていなかった」

のも、原因の一つのようです。

足の指が伸びている状態だと
歩く時、自然と足裏の筋肉を使って
靴を抑えて歩ける。

指が曲がっていると、
筋肉は使えず、さらに前に
突っ込みやすい足になっていた
と、いうことでした。

今回、足の指がしっかり伸ばせる
靴を選んでいただいたので

「足の裏の筋肉を使って歩く」

癖がつけば、

「余計な補正を入れなくても
 足は前に突っ込まない」

と教えていただきました。

そして、足は変わるので

「中敷の補正は細かく
 少しずつするのが良いので
 定期的に、来ていただけると
 足にあった、中敷に変えていきます」

とまぁ、足に優しい、
細やかな配慮をしていただける
説明をしてくださいました。

さて、あーだこーだと
時間をかけ、選んだ
ヒールの立ち姿がこちら

立ち姿

かかとにしっかり体重が乗せられ
立っているのが楽!!

今日履いてきた、
私の唯一のヒールはこちら

かかとの低いヒール

溝口先生に
「私の娘のヒールより低い!」
と笑われた代物w

このヒールは、確かに履きやすい
のですが、「履きやすい」のと
「歩きやすい」のは違う、と
6センチヒールをはいて実感です。

288パンプス

かかとの安定感や
周りのホールドがやはり全く違う…。

そして、最後にオーナーの小堤さんから
私の性格を見抜いたような一言
をいただきました。

「ヒールを上手にはくには
 体の上手な使い方が必要ですよ。
 体が慣れていないうちに、
 無理に沢山履かないように!」

確かにw
からだ美調律を学んで来たので、
平らな靴での歩き方は、グラグラせず

「体をしっかり使えているかも」

と、いう瞬間が増えて来ました。
でも、長年の癖は、完全には治っていません。

この6センチヒールは
とても安定して、楽に歩ける靴。

とは言っても、ヒールに慣れていないし、
平たい靴に比べれば、安定感は悪い。

この靴を生かして「楽に」履くためには

「体を整える」

ことも必要なんだなぁ…と実感です。

この靴で、軽やかに歩ける体になるよう
これからも「からだ美調律」頑張るぞ!
と、思った次第でしたw

今回お邪魔したお店のHPはこちら

「shoe shop Ladys’ Kid」

※オーナーの小堤さんの測定をご希望の方は
あらかじめ、ご予約されることをお勧めします。

※※※※※※※※※※※

「からだ美調律」講座の講師
Lithe Life Studioの溝口先生の教室はこちら

※※※※※※※※※※※

リラクゼーションルーム『こむ・ちゃっと』
予約・お問い合わせはこちらから

5月のご予約状況はこちら

「からだ美調律」メニューを含んだコースは
6月から正式に加わる予定です。
5月からはモニター募集を予定しています。
現在は、ボディセラピーを受けた方に
体験していただいてます。
ご興味のある方はお気軽にご予約くださいませ^ ^




Pagetop