ゆるめて、もっと自分らしくなるサロン『こむ・ちゃっと』


  • みらいこのカラダ考察編

効かないストレッチの訳

心と体をゆるめて
もっと自分らしく「変わる」を応援する
『こむ・ちゃっと』のみらいこです。

「やっぱり、ストレッチは
 した方が良いよね!」

と、いうことでお風呂の後、
トライしてみる。

肩の疲れには、この動きらしいけど
これで良いのかな?

腰の疲れには、この動き。
イタタタ…こんな感じかな??

スッキリしたような気持ちで寝るものの
気がつくと、習慣化「してない」

そんな事、ありませんか?

私は仕事柄、
ストレッチの本を見る機会も多いし
トライすることも多かったです。

しかし…続かないw

なぜなら、ぶっちゃけた話、

「肩こりに効く」

というストレッチをやっても

「肩こり解消した感じにならない」

からです。

理屈的にもあっているし、正しいと思う。
続けられない自分が悪いのだけど

「続かない」

セラピストなのに…と思いいつつw
そんなことをずっと、繰り返していました。

でも、それはなぜか。
最近それが分かってきました。

自分が今まで
「ストレッチ」的なものが
続かなかった理由は2つ

1つ目は
自分の歪みを
頭では、知っているつもりでいたけど
体的には、よく分かっていなかった

2つ目は
そんな自分の歪みを無視して
ストレッチなどの動きをしていたので、
効果が出にくかった

もうこれに尽きます。

自分の体の歪みはある意味

「自分の脳が、自分の体を守るために、
 行っていること」

です。

例えば、自分の意識的には

「いつも肩に力が入って嫌だから
 肩に力が入らないように
 ストレッチをしよう!」

と、伸ばしても
(それ自体は良いことなんですけどね)

自分の脳の方が

「いやいや、肩に力を入れないと
 この体は倒れるからダメ!」

と体に指示してしまえば
どんなにストレッチしても
肩に力が入るのは止められない。

だから、ストレッチしても、
肩こり解消した感じにならず、続かない。

また、歪んだ状態では

「刺激したい場所」

を動かしているつもりでも
動かせていない事が多いので
疲れが緩んだと効果を感じる事が難しい。

じゃあ、どうしたら
体に効くストレッチができるのでしょう?

これは、次のブログに書きますね。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
今月のこむ・ちゃっとDAYは
 12月12日(水)10時から

「もう疲れない♡簡単時短!
 お出かけ前の30秒のセルフメンテ術」

を行います!

満員電車でも、軽やかに
通勤できるカラダを手に入れる!

プロが教える世界一簡単なセルフケアが
自分で出来るようになります。

ご予約はこちらからどうぞ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
【子連れセラピストサービスtime】のご案内

【子連れセラピストサービスtime】とは
当サロンの看板息子が施術中、
サロン内にお邪魔するかもしれない、
という施術時間帯になります。

この「子連れセラピストサービスtime」
になることが多い日時は
当日予約の平日15時以降と土日です。

ただ、その日によって
このサービスtimeは異なります。
ご希望の方は、あらかじめ
お問い合わせくださいませ。

なんの芸も無い
ただ今4歳の息子ですが
何故か「癒される」という
お声を頂く
子連れセラピストtime。

この時間ご予約いただくお客様には、
更に特典として、
10分施術をプラスしています(^^)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

hot pepper beauty経由の
インターネットからも
ご予約可能になりました。

インターネットからのご予約はこちら

lineやHPからもご予約承っています

HPのお問い合わせフォームはこちら

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

こむちゃっと情報や予約に
「こむちゃっとline」登録
 オススメしています!

興味のある方は、是非友達申請をどうぞ!

友だち追加




Pagetop